ウズベキスタン滞在中日本人がお届けする、日本人のためのウズベキスタン生情報。現地で直接情報を仕入れるため鮮度抜群!!

    トップページ > 情報ノート  

ウズベキスタンで、インターネットなら

もうイヤ!田舎はネットに繋がらない。

途上国でお困りのあなたに!

ネット後進国なのに、いつでも、どこでも、快適に繋がる!

あなたの旅の、すぐ傍に。

ウズベキスタン,インターネット

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#58.バホディール情報ノート5

2010 - 03/25 [Thu] - 16:09

こんにちは!Timaです(^^♪
タイトル見てがっかりされた方もいらっしゃるかもしれませんが、
コレはほんのワンクッションです。
例のアレは編集に時間が掛かっておりますが、
近々元となる部分は更新させて頂きます。

それでは!今回久しぶりの情報ノート(^^)
参りましょう!!




◆2008/6/22 ????(読めませんでした…orz)
☆タシケント→バクー Air情報

■市内の旅行代理店
・料金…295-309$(sum若しくは$払い)
■ウズベキスタン航空オフィス
・料金…312$(VISA/Masterのcard払い可)

フライトは月/木/金で月は7:00発、木/金は15:00くらい
※ウズベク航空はcheck inに時間が掛かるらしい


☆ヒヴァの宿「LALI-OPA」

・場所…西門から歩いて2~3分
・料金(ドミトリー)…7$(朝食1$)

・感想
イチャン・カラの宿は10$(朝食込み)くらいなので、安い所探している人にはおススメ♪
トイレ/シャワーも問題無く、宿の人も英語可でとても親切。

因みにイチャン・カラの2日通し券は10,000sum+カメラ使用料5,000sum。
建物内より旧市街散歩で十分です。10,000sumは高い・・・(ーー゛)
カメラ無いと言って払わない手も有り。


☆長期旅行で本好きな人へ

■タシケントの日本センター
インターコンチネンタルホテル隣、ビジネスセンターの6F。
小説/雑誌/1週遅れの日本の新聞/DVD/CD etc…
手塚治虫の漫画が多い

※おススメ
「ブッダ」


☆ビシュケクの日本センター

・場所
東バスターミナルから「113番」マルシェで、白いビキニに黄色い車の看板前下車。
南へ歩いて5分くらい。

・感想
小説/新聞/DVD(ジブリ、コマネチ監督)/雑誌(number、アエラ)等有り。

※おススメ
「龍の契り」…小説
「空海の風景」…特にキルギスから中国行って日本へ帰る人へ


☆タシケント 「ナヴォイ記念 オペラ/バレエ劇場」

バレエ観ましたが、生オケ付きで3,000sum(2008/12では5,000sum)。
建物もキレイだし、室内はA/C完備。
時期にも依りますが、15~17時くらいは観客が多いみたいです。
要チェックやわ~
※7、8月はお休みらしい


◆2008/06 ????
☆キルギスタンのレギストラツィアは日本人は必要ない?

ホテルのスタッフには必要と言われ登録に行ったが、
『どこから来たのか?』
『どこに泊まっているのか?』
くらいの会話だけで手続をするワケでも無し。出国時も何のチェックも無し。


☆タジキスタンのレギストラツィア

72時間以内となっているが、実際は3営業日。
入国時イミグレーションカードなるものを作成して、5ソモニ or 50キルギスsom要求されたが、これは無くても良いものらしい。
旅行会社の人や、個人ツーリストに伺っても必要ないと。
出国時にも提出を要求されなかったので、係員の小遣い稼ぎと思われる。
車で家族旅行しているキルギス人は、ビニール袋にトマトを詰めて渡していた。ワイロ??

現在タシケントでタジクVISAを申請すると、バダフシャンパーミットは貰えないらしい。
タジキスタンに入ってから旅行会社経由で申請する事になります。
タジキスタンに行くならバタフシャンへ行かないのはもったいないくらい風景が良い所です(^^)

■レギスト料金
・申請場所
Murgab…25$
Khorog…22$ or 7,000ソモニ
・必要なもの
写真1枚
パスポートコピー…顔写真のページとVISAのページ

※ドゥシャンベでは個人申請不可。手数料20$以上掛かるらしいので、他の町で済ませましょう。


☆ウズベク→タジク時、両替

ウズベキスタンのお金はペンジケントのバザールで替えておかないと、もう替える場所がありません。

■レート
100sum→0.25som
100sum←0.26som
1$→3.41~3.45som(ATMでは3.41som)
※両替商のお店の前でタムロしてる人なら交渉可、また相場も応相談

タジキスタンのオシュでも両替可。
キルギスへ抜ける場合、Murgab以降公に両替出来る所は無いので、Murgabでしておくか、一般の方に頼みましょう。

Khorog以降Sary-Tashも含め、シャワーはまず浴びれません。
食事もSary-Tashはインスタント麺かfried-eggくらい。寒いのに暖房もない。
Murgabマーケットはあまり物が無いので、数日分の軽食を用意しておいた方が良いです。


◆2008/07/02
☆タジキスタンビザ情報 in タシケント

ロシア大使館の並びにタジキスタン大使館があります。
ヌクス通りをバブール通りに向かって8分くらい歩いた左手に、タジキスタン国旗が見えます。

・申請…10-12時
・受取…15-17時
・必要な物…写真2枚、パスポートコピー1枚
・出入国日指定(1ヶ月も可)

早めの時間に申請に行けば、当日受取も可。
入口に現地人が沢山いますが、外国人は優先的に処理してくれるようです。
英語の解る担当者の都合で申請が12時半くらいになってしまったためか、次の日の11時に来るように言われました。(その時点でパスポートのホールド無し)
翌日11時に行った時パスポートホールドされ、また16時に来るよう言われ16時に受取。

VISA代は無料。
A4でコピーを取っていかなかったのが気に入らなかったのか、
申請書×2のコピー代とパスポートのコピー代、300sum請求される。

バダフシャーンのパーミット貰えません。
ドゥシャンベのministry of foreign affairで申請するよう言われました。
アフガニスタン大使館近くのTajikitour serviceでGBAOパーミット、40$。
オヴィールでは35$で可。


☆カザフスタンVISA

・申請…9-12時
・受取…17-18時(当日受取可、パスポートホールド無し)
・必要な物…写真1枚、パスポートコピー1枚
・出入国日指定(1ヶ月可だが、singleのみ)
・VISA代…無料

申請2~3日後に電話してから来るように言われたが、翌日いきなり行ってVISA貰えました。
チェルニヤエフカの国境からカザフ入り不可。現地人のみ可のようです。


◆2008/08/28 Hiro
☆ハマム(Hammom)情報-銭湯

■日程
・日曜…男性/4:00~13:00、女性/13:00~20:00
・月曜…男性/帰れ、女性/6:00~20:00
・火曜…男性/帰れ、女性/6:00~20:00
・水曜…男性/帰れ、女性/6:00~20:00
・木曜…男性/4:00~20:00、女性/お帰り下さいm(__)m
・金曜…男性/4:00~20:00、女性/お帰り下さいm(__)m
・土曜…男性/4:00~20:00、女性/お帰り下さいm(__)m

■料金
・セクシー…800sum
・小人…400sum
※替えのパンツ、タオル、石鹸を持って行く事

ロッカールームから薄暗い浴室へ降りて行くと、ドーム屋根のハマム室へ。
奥へ入るほど熱くなります。
熱い浴室の床で足を火傷しないよう、床に水を掛けて入るか、サンダルで入ろう。
※行かない!という手も有り


☆タシケント高速インターネット(日本語不可)

地下鉄"Gafur Gulom駅"下車後、行列の出来るアイスクリーム屋さんを左に見ながら徒歩2分。
会員でなくてもOK!高速で繋がります。
1時間700sum。
エアコン完備で快適。
※もう一度言うと、日本語不可!!




今回は以上となります。
あと170ページ切りました♪
今のペースだと、あと4ヶ月くらいですね。。
この後、カテゴリ毎の編集も待っていると思うと・・・(ーー゛)

さて、そろそろタシケント空港発着便(国際線)の時刻表を更新出来そうです。
本日は忙しくして、情報ノートの事は忘れたいと思いますww
明日までには大元となる部分を更新致しますので、今しばらくお待ち下さい!
それでは、また(^O^)/

スポンサーサイト

#55.バホディール情報ノート4

2010 - 03/13 [Sat] - 03:50

こんにちは。Timaです(-_-)
情報ノートの編集でテンション低めです。。

今回も呪文を唱えますので、耳を塞ぐかフバーハを掛けておいて下さい。
あっ!!
フバーハ意味無かった…

今回は少し長めです。
文中皆さまがなるべく退屈しない様に、情報提供者の断りなく工夫を凝らしておりますので、
今回の情報必要な方は最後までお読み頂けたらと思います。
※ちなみに文中の『T)』は私の注釈です。

それでは参りましょう!!




◆2009/12/20 ブハラのLolaさん やまだ様より

ラビハウズの辺りを歩いていたら、黒い革のロングコートで、
黒いモコモコ帽子を被ってる女の人に出遭いました。
5$で泊まれて+1$で夕食を付けてくれる宿を紹介してくれるそうです。
T)たぶん民宿

私は結局違うホテルにチェックインしていたので、泊まれませんでしたが、
部屋を見せて貰ったら十分キレイで良い部屋でした。
夏はどんな格好をしているか分かりませんが、電車の時間等親切に教えて頂けるので、
会ったら話してみては如何でしょうか?

T)LOLAさんへの連絡手段が掲載されております。
 彼女が(民泊=)目を付けられる可能性もございますので、掲載は控えますm(__)m

私はノディルベックに泊まりましたが、閑散期のおなご一人は気を付けた方が良いかも。。
ホテルスタッフがフレンドリー過ぎて、2日間怯える日を過ごしました。
ノックされてドアを開けたらズカズカ部屋に入ってきたり、部屋で飲もうと言ってきたり、
夜に何回も(横山)ノックされたりしました。

もしブハラに電車で行くならカガン(KOGON)で降りて、
マルシュ68番(恐らく??)に乗ると、ラビハウスの近くまで行けると言ってました。

【presented by Ms.Lola】


◆2010/01/11 タシケント⇔サマルカンド

バス代上がってました。
料金…8,000sum


◆2010/01/12 アフガニスタン情報

☆VISA…タシケントの大使館で即日
①必要なもの
写真一枚
パスポートコピー
②時間
申請…9:00~12:00
受取…13:00~15:00
③料金等
30$
1ヶ月(ダブル不可)
T)もちマルチも不可と思われる
④備考
簡単な面接有り…行きたい理由等の問診
英語可

・大使館情報 ※旅行人P202地図参照
DHLの看板を背にしてほぼ真正面に路地が有り、
そこを100m程行くと突き当りが大使館。
申請後、振込先が書かれた紙を渡されるのでそれをもってASAKA bankで振込。

・ASAKA bank情報 ※同じく旅行人P202地図、下の方
銀行内2階で振込可。
要)税関の際の書類+パスポート


☆タシケント→テルメズ(バス、15,000sum/人、12時間)
メトロ、サビール・ラヒモフ駅(タシケント)から。
毎朝9:00のバスで(何だかんだで出発は10:40)。
※テルメズ行きのバスはバスターミナルの奥にあって少し分かり難い


☆Asson(テルメズ内HOTEL)に滞在
料金…2人で30$
info…レギ有り、ホットシャワー有り、キレイ

・所在地
考古学博物館とユニバーサルbank(??)の間
T)地図有り、省略

Assonから200~300m南に行ったユニバーサルbank(??)の看板の所から、
ボーダー行きのマルシェが有る。
「21番」、ボーダー名は「ハイラトン」だけど「Айратон」と記載有り。
マルシェ料金、恐らく500sum。(ボラレタタメフメイ)

ボーダーでのレギチェック無かった。
荷物検査でカバンの中身全出し。
(混雑してない場合)1時間もあれば通れる。
T)ボーダー名は「アイラトン」と思われる( ̄ー ̄)フッ


☆マザーリ・シャリフの街 T)多分ww
①食品系バザール
味があって雰囲気good!!
②衣類系バザール
T)特に何も記載されてませんでした
③ホテル
Barat HOTEL…25$、HOTシャワー有り、まぁまぁキレイ
Ana HOTEL…12$、シャワー無し、スタッフgood!
④その他
モスクが見事!!
物乞いの人が少々。
フライドポテトとかチキンスープとかの屋台が並んでいて、安くて雰囲気良し。
けっこうライク♪
T)地図有り、しつこい位に省略

ザック背負ってるとアフガンで狙われて怖いなと思ったので、
ロシア軍の布袋に衣類とかを詰めて持って行き、メインザックは置いて行った。
税関書類は「1.持ってる荷物」、「2.別送品」にしたけどモーマンタイ。
ウズベク-アフガンのボーダー(というか干渉地帯)は橋で歩いて渡れる。

アフガンボーダーからマザーリ・シャリフまではタクシーで。
イミグレの所だったらタクシー居るので簡単。12$だった。


☆アフガン為替情報
1$=48.5A$(アフガンドル)【2010/01/12時点】
店に依っては1$=50A$で計算してくれる事もしばしば。


☆アフガン服装情報
・男性…シャルワール・カシースにターバン、ストール
普通にジーパン、ジャンバーの若者もいる。

・女性…殆どがチャドル(現地人はチェデレーと言う)を着用
色は黒、白、青とがある。
青は水色(鮮やか)か紺で、アフガン特有のモノらしい。
どんなにラフな格好でも、頭にスカーフはしていた。
チャドルは現地人も400A$で購入していた。
T)女性の話題が多い事に気付く


☆アフガンモスク情報
青を基調としたタイル肉食、ガオーッ…ぢゃなくて装飾が全面に施され、
非常に美しい、というか・・・スゴイ!!
が、夜は残念というか無念。
ヤンスの無い電気装飾が(泣)←T)ちょっと分かんなかったっス(-_-)

内部はムスリム以外入れない。
普通の格好して行ったら「ムスリムか?」と聞かれ、
「NO」と言うと「Get out!!」と有難いお言葉を頂戴出来る。
※後日シャルワール+スカーフで行ったらバレずに入れた
T)強いな…(ーー゛)

内部には代4代カリフのアリーの墓があり、女性がすがって泣いていたり、
熱心に祈る若者がいたりととても荘厳な雰囲気。
この辺りにはない、be alivedなモスクだと思う!!


(申し訳ない、続きます) T)本当に私に申し訳ないですww
☆感想
マザーリ・シャリフしか行ってないが、雰囲気はパキスタンを更に素朴にした感じ。
人々は明るく幸せな気持ちになれた。
車で30分行くとバルフという所があり、そこは旧聖地でアフガンで最初のモスクがある。
現地人に聞くとデンジャってるとの答えが返ってきたりする。
結局行かなかった。

郊外に行くと非常に危険な所っぽいので、もし行かれるのであれば御用心を!!
何かあったらシャレにならない所なので本当に…考え抜いて…
最終的には自己責任となるので…
T)付け足すと1UPキノコを食べて行った方が良いという事

自分は5日居たけど何もなかったのですが、夜とかは本当に怖い。
女性一人とかはおススメ出来ませんので、誰かと一緒に行かれる事をおススメします。


☆アフガンの公用語-ダリ語
・数字
1…ヤキ、2…ドゥ、3…セ、4…チョール、5…パンジ、
6…シャシュ、7…ハット、8…ハシュト、9…ノー、10…ダー
20…ビスト、30…シ、40…チェル、50…ペンジャー、60…シャシュト
70…ハフタード、80…ハシュタード、90…ナワド、100…サット、1000…ハゾール
T)「ノー」は「9」より「No」と使う事の方が多いと予想

・時間
朝…ソッブ、午後…バッダゾォール、夕方…シャーム
今日…エムローズ、明日…ファルダー、昨日…ディローズ

・日常会話
挨拶…サラーム・アレイクム
ありがとう…タシャコル
はい…バレー
いいえ…ネー
これ何?…インチスト
いくら?…チャンド・アスト
~はどこ?…クジェースト
いつ…チェワクト
高い…キマト T)値段の事と思われる
安い…アルザーン
おいしい…マザダル
水…アーブ/アーボ
私…マン
私達…マー
あなた…ショマー

それでは良い旅を!!

【presented by 勇者・古谷(??)様】




前回メラゾーマとか散々ドラクエ用語を使ったのは偶然なのですが、
アフガニスタン挑戦の勇者がおりました!!
彼の遺言…じゃなくって貴重な情報を活かす方が続出しない事を祈ります orz orz

何かあったら『ネー』と言いましょうっ!
『ノー』と言っても意味は『9』なので、何を9回されるか分かりません ((゚Д゚))ガタガタ

ただ惜しむべくは、彼のお名前に確証が持てなかった事。
見方によっては【古太(ふるた??こうた??)様】とも取れます。
字はとてもキレイな方ですが、癖はその人にしか(たまに自分自身も)分かりません。
是非『ハンドルネーム:勇者です!』でコメントを頂きたく思います。

またコメントをちょくちょく改竄してしまい申し訳ありませんm(__)m
皆さまの為というよりも、私の編集テンション持続に使わせて頂きました。
『おもんね~』という場合はバシバシ言って頂いて結構です。
その際は1ヶ月のお休みを頂きます(-_-)


次回の記事は、現在既にピオリムを唱えているのですが、決まっておりません。
開けてションボリということでお楽しみに~♪
それではまた(^O^)/

#53.バホディール情報ノート3

2010 - 03/10 [Wed] - 17:23

お久しブリです♪Timaです(*^^*)
本日タシケントは ナニ━━(゚Д゚)━━ン!!
こちらで知り合った先生がもう一度寒波が来ると仰ってましたが、
まさかまさかの真実だった様子(-_-)
疑ってしまい申し訳ありません orz orz

本文前に、、、



Timaニュースの時間です。

ウズベキスタンホテルのマスターカードATMが使用出来なくなっている

こちらは、ウズベキスタンホテルの改装を行っているためです。
トイレへと続く通路周りが対象ですが、トイレへは問題なく行く事が可能です。
但し、改装の様子が見えない様仕切りをしておりますので、カーテンを潜る必要あり。




さて、今回もバホディール情報ノートですが、特に前回までの流れと変わらず、
一旦編集したものをそのまま掲載致します。
一度掲載したものに手を加えれば、皆さまの混乱を招く事は重々承知しておりますが、
レポート内でも申しました様に、情報は漬ければ漬ける程味が落ちます。

また、バホディールの情報ノートを写真に写しておりますが、
以下の様な写真が確認する限り残り189枚 (゜ロ゜;!!

information
バホディール情報ノートの写し(少し見え難いですが -_-;)

編集には私が滞在可能な5月まで掛かる恐れもあります ヒエ━━(゚Д゚)━━!!
というワケでドンドン更新→後日再編集!
と、させて頂きますm(__)m

それでは参りましょう(^O^)/




◆2009/11/19
charider information(チャリンコ乗り情報)

☆Tashkent→(120km)→Gulistan→(120km)→Jizzakh→(100km)→Samarkand
日の出7:00、日の入り17:00と走れる時間が短い。
タシケント→ジザーフは平坦。
ジザーフ→サマルカンドに軽い峠有り。

・ウズベク-カザフ国境について
タシケント近郊のヤッラマ(タシケント南60km)を通らないといけません。
※国境は外国人通過不可の為
国境からバス停まで2~3km。
ウズベク側には売り子のおばさんが集まって両替(カザフ通貨→ウズベク通貨)、
民泊の斡旋をしています。

①3hotel(Gulistan宿)
料金…20,000sum
hotwater(温水)+hotroom(ぬくぬく部屋)
レギ無し
②hotel Jizzakh(Jizzakh宿)
料金…10,000sum
coldwater(バカヤロー水)
レギ有り
※①、②どちらかの近くにレギ有り(25,000sum)の宿有り。
 話の流れから①??

・NHK worldについて
128ch「IRAN TV」と表示されますが「NHK world」です。
※→50chへ変更(2009/12/31)→26ch(私が確認した1月時点)


◆????/??/??
☆タシケントVISA情報
①トルクメ
朝、ハドラに近い電停から6:15に電車→6:50分くらいに到着。
リストは5番前後。
計4回訪問したが、入れない事は無かった。

・月曜申請→翌週木曜受取り
8日目(火曜)…出来てない
9日目(水曜)…リスト書いたけどゴチャゴチャして通れず
10日目(木曜)…完成 ※午前-受渡、17:00-受取

・入出国場所
入国のブハラ近郊FARAPは良いとして、
「出国のアシュガバード近郊ARTYKは5日じゃ無理。ブハラから入ってマシュハドに抜ける」
としつこい程繰り返したのにこの具合。
大使館員は英語喋れません。
入国の際に説明してみます。

☆イランVISA情報
ビシュケクでメール(iranjasmin.com)のみでインビ入手。
費用60USDは入国後支払い。
サクラのゲストノートにド詳しい手順有り

申請場所をタシケントに指定。
月曜に申請するとよく午後には出来ていた。
(インビのPINコードのメール??をプリントアウトして見せた)

自転車所持を説明すると有効期間を2ヶ月にしてくれる。
(11/1~12/31迄に入ればOK)

50ユーロだが、80USDでも支払い出来た。
※↑に60USDと書いてあるんだけど、この辺私はよく分かりません(@_@;)

大使館員は英語堪能、親切に対応してくれました。


◆2009/11/19
☆カザフ(タラズ)→キルギス(タラス)
この国境も通過出来ました。
カザフタラズに真夜中到着。40$の宿しかなく困った。

・少しだけオシュ街道
ビシュケクからキルギスのタラスに行くには2つの3000m峠を越えます。
※地図が手書き掲載されておりますが、掲載致しません。

10月下旬、高原部でキャンプしたら-6℃を体験。
呼吸からの水蒸気でテント内部も凍ります。
※以下個人情報ですので掲載致しません。


◆2009/12/04
☆ウズベキスタンVISA延長
【参考】旅行人ノート205ページ

OVIR(オヴィール)でVISA延長方法についての情報を発見!!挑戦っ!
当初はカザフスタンのアルマトゥまで行ってVISAを再取得してくるつもりでしたので、
費用が多少掛かっても、アルマテゥ往復+1週間滞在を考えれば安いと思ったため。

まずウズベクツーリズムを見付けるのに手間取りましたが、
VISAの延長をしたいなんて言う事を、守衛というか受付のようなおじさんに言うと、
2階の担当らしき人の元へ連れて行かれました。

すぐにコチラの英語力の無さを見抜かれ、先方はケータイでどこかに連絡を。
代わってケータイを受取ると、なかなかキレイな日本語を話すおねーさんで、
こちらの要求を聞くと相手に伝えてくれました。
どうやらJICAでお勤めの方のようでしたが、
"あなた"を"お前"と言われたのには言葉を失いました。。

さて肝心の費用ですが、2週間、4週間という具合で申請するのかと思いきや、
30日間で60USD=90,400sumと紙に書いて見せられました。
そのぐらいの値段なら問題ないと了承し、申請書類を作成して貰いました。
フォーマットがパソコンに入っている様で、名前等の個人情報と日付を入れ替えて、
20分程度で作成完了。
支払いを$でと言うと、90,400sumを1980で割って(当時の闇レート相場)、
46USDとなりました。
アレ??安くなってしまいました(汗;

後は一人でオヴィールに行くのかなと思いきや、担当者の方が一緒に連れて行ってくれる事になりました。
コピーを渡し申請完了だったのですが、延長手続き完了は2週間後との事。
2日後とかではありませんでした。
そんなワケで現在はVISA期限切れ中です。


☆タシケント、駅のホテル情報
値段が上がってます。
ドミ…11,000sum→13,000sum
ツイン…35,000sum→40,000sum
ベッドはショボいけど部屋は広い。

夜中でも人の出入りがありますが、コイルックバザールとは13番トラムで一本ですし、
8番トラムや地下鉄でチョルス-までも簡単にアクセス可能と、とても便利です。


◆????/??/??
☆テレビ
26ch→NHK国際放送
※英語only
27ch→JSTV…2~3時間に一度、日本語のニュースが見れる
※朝8時、昼3時は放送時間が長く、正午はほぼ確実に流れる様子





今回は以上となります。
VISA情報等私も未確認の情報が多いため、皆さまにもお役に立ったのではと期待しております(^^♪
やはり情報は新鮮な内に出すベキ!!
ワタシ、マチガッテナイ!はず。。

ただこちらがVISA情報で括られておりますと、やはり見比べる際に便利です。
また当初は最新情報のみの掲載に留めようと考えておりましたが、
一体いつ状況が変更するか分かりません!特にトルクメニスタン…(ーー゛)
過去の情報もお役に立つ事があると思いますので、手元にある情報に関しましては、
全て編集させて頂く所存でございます。(それでも2009年初め~です)

今回の「#53」も「バホディール情報ノート、VISAに関して~」等とタイトル変更され、
後日内容が大幅に改正されますが、何卒ご了承下さいませm(__)m


それではまた、30分後に♪

#52.バホディール情報ノート2

2010 - 03/08 [Mon] - 17:01

こんにちは!!Timaです。
ハイペースで更新が始まるとなかなか止まらないものですが、
今日もその流れは止められなかった…
止めたいワケではありませんが。。

さて、バホディール情報ノート第2弾ということで、
今回はテーマを決めたりする時間も必要なかったので比較的編集も楽でした(^^♪
が、手を抜いております(爆)
詳細は最後に。

それでは参りましょう!!



◆2009/09/28
「サマルカンド⇔ペンジケント(日帰り)」

①サマルカンド→国境
・バスは273番以外にも沢山ある
・料金3,000sum(恐らくウズ人価格)、1時間程度

②国境→ペンジケント
・(単純に行くならウズ人曰く)料金3,000sum
※私の場合
国境→遺跡→バザール→歴史博物館→国境をタクシーで回り、20,000sum払いました。
運転手が喜んで周りに言っていたので、実際はもっと安く交渉出来るはず。

③国境
12時に国境に着くとウズ側国境が閉まっていました。
2時まで待ちましたがそれでも開かず、文句を言うと旅行者の私のみ通してくれました。


◆2009/11/05
「ウズベク敗戦メモ」

・ウルゲンチ→バスターミナル付近??
5$→3$(通常タクシー)

・ウルゲンチ→ヒヴァ
15,000sum(乗り合いタクシー)

・ヒヴァ→ウルゲンチのバスターミナル
1$(乗り合いタクシー)

・ウルゲンチ→ブハラ/ラビハウス??
35$(乗り合いタクシー,助手席)

・ブハラ→カルシ
15,000sum(乗り合いタクシー)

・カルシ→シャフリサーブス
50,000sum(乗り合いタクシー)

注)基本言い値に近いです!!


◆2009/11/11
「カラマット・アパ」

・宿info
本館(1号館)、2号館、3号館とあり、どこに宿泊するかはアパが決める。
ケンカにならないよう宿泊者を均等に分けているらしい。
※我々の場合
日本字旅行者4名→本館…1名,2号館…2名,3号館…1名
に分けて泊まらされた。。

どの館も不特定多数の方が出入りするので、貴重品注意。
2号館の個室で『鍵が掛からないぞ!!』と文句を言ったら、翌日鍵を付けてくれた。
※情報ノートは各館にあり、本館には各館のコピーもある。
 また本館の管理人は、他の館に情報ノートを持っていかれるのを大変嫌がる。

入口の鍵はもらえないため、日中は管理人家族の誰かと外出しなければならない。
モタモタしてると外から鍵掛けられて監禁される(@_@;)

・料金
食事なし…一泊10,000sum
食事あり(朝夕食)…12,000sum
※2食付き12,000sumは安いが、(食べ切らなければ)前日の残りが出てくるとの事。
 食事は頼まない方が良い。

・豆知識
本館はアパの後釜を狙う長男の嫁が権力を振るっており、何かとうるさい。落ち着かない。
2号館の長女夫婦はおとなしく、娘が小さい妹の面倒を甲斐甲斐しく看ている。

注)ここからは重要情報ですが書けません
  私のポリシーに反しますが、直接ご確認下さいm(__)m


◆2009/11/12
「シャフリサーブス遠足」

・出発まで
妻と2人。シェアタクシーの言い値は往復(2人)28,000sum。
シーズンオフで客が少ないためか、運転手が何人も集まって来てダンピング会合。
何もしなくとも値が下がり往復(2人)で18,000sumで合意。もう少し安くなりそうです。
15分程待ち2人の乗客を追加し、いざシャフリサーブスへ!!

・アクサライ
約1時間30分の道のり。アクサライ前に駐車。
2時間後に戻って来る旨ドライバーに告げる。
※駐車料金一人6,000sum→勿論無視!!

アクサライ自体はかなりショボい。。
門の跡しか残っておらず、これで世界遺産??
ティムールの知名度と、サマルカンド近郊ということが影響しているかも。
門の傍までは無料で行けます。
2,000sumでアーチに登れるが、景色が良いわけでもないので、登る価値は・・・

・ティムール像前
結婚式のカップルだらけで、新婚さんの撮影スポットになっています。
統一教会の合同結婚式かと思っちゃいました。
ショーアップ用バンドもいて賑やか、こっちの方が面白かった♪

・アクサライ南のバザール
はおススメ!!
食堂(屋内屋台)が充実。
ウズベクの市場で屋台の食堂街はなかなか見られないので、行く価値あり。
ご飯もの、スープ、サムサ、そしてマントゥ等品揃えも各種様々。
牛・羊煮込みが美味しそうだった。(量が多過ぎて注文断念^^;)

・帰り
キターブの街で乗客を2人拾い帰還。
アクサライとバザールで2時間あれば十分!!
宿泊してまで行くところではありません。


◆2009/11/14
「ウルグット/スザニ(ドテラ)市に行きました」

・出発
レギスタン広場前/マルシェルートカ乗り場から「206番」で約45分。2,000sum。
※マルシェには行き先書いてないことあり。

・ウルグットバザール市
バザールに着いたものの、肝心のアイツが見付からず彷徨う事30分。
衣類取り扱いのお店が沢山並ぶ中、わずかにスザーニが!!

シーズンオフの時期でスザニは殆ど展示されてない。
シーズン中はドテラ売り場がスザニ売り場になるらしい。
観光客(鴨)と分かると、どこからかオバちゃん達が群がって来た。
※倉庫内にはスザニが保管されている様だ。
 またバザールの規模は大きく、シャフリサーブスのものの4~5倍。

・スザニ購買について
片言の英語が通じる。
客は我々だけだったが、高くふっかけなかなかマケない。

60cm×40cmサイズのシルク製スザニの場合
言い値25$→ファイナルアンサー10$
※ずっと5$と言い続けていたらオバちゃん切れて、
 「20$だ!イヤならレギスタンで40$で買え!」

品質はピンきり。
手芸に詳しい方と一緒に行かないとカスを掴まされる可能性あり。
オバちゃんが何人も群がりゆっくり品定めが出来ないのが難点。。

・その他
プロフ、シャシリクやサムサの食堂街もあり、スザニを買わなくとも楽しめる♪

・最後にinfo
スザニ市は水、土、日とあり、日曜が最も規模が大きい
我々が訪問したのは土曜だったため、ドテラだらけだったのかも…??
9時半過ぎにウルグット着でしたが、他にスザニを求める人の姿無し。
観光シーズンはもっとスザニ売りのオバがいるでしょう。

案内されたオバに薦められたスザニが気に入らないと言うと、
倉庫やら色んな所に連れて行ってくれ、そして追い掛けられます。
大判のベッドカバー、テーブルクロス、小さめに壁掛け、テーブルセンター等。
バッグやポーチなど加工された小物類はありませんでした。



今回は以上となります。
情報ノートは沢山の方が書き込まれるので、筆者に依って視点も違い、
同じテーマでも別の気付きを与えてくれます(*^^*)

今回文章を一部、私の手に依って修正しております。
自分の書いた表現と違うと言う方、申し訳ありませんm(__)m
理由は単純に、こう書いたほうが面白いかな?というだけですww

また最初に申し上げた手を抜いたという部分ですが、
もし私が編集した情報ノートに皆さまが知りたい情報が存在しても、
今のままでは見付けるまでに、全ての記事を開かなければならないかもしれません

サイト内検索もあまり充実しておりませんので、
今後はタイトルに【コレとコレとコレがある】と入れておきたいと思います。
ですから今回の情報も、今後「バホディール情報ノートコレコレ」に振り分けられます。

『最初から編集して載っけろ!?』

というご意見はごもっともですが、取り敢えず載せたかったので…(*^^*;


それではこちらの挨拶も後日変更されますので、この辺りでm(__)m
暫く編集にお時間頂きます。
またお会い致しましょう(^^♪

#51.バホディール情報ノート1

2010 - 03/07 [Sun] - 15:41

こんにちは♪Timaです(^^)
前回は逃げ切ってしまいましたので、告知をするのを忘れておりました。

今回はやっと紹介します、【バホディール情報ノート】。
といってもまだまだまとめている最中であり、タイトルに「1」と付いてる事からも、
まだまだ続くんだなとお分かり頂けると思います。

但し、「バホディール情報ノート10」とかで終わると思わないで下さい(;一_一)
それ程情報が多いです(@_@;)
今後は情報ノートだらけにならない様に、小出しにしていきますので何卒宜しくm(__)m


それでは前回に続き文字ばかりですが、参りましょう!!



◆2009/09/12 momoさん??
▽タジキスタン
キルギス・オシュ→パミール→ドゥシャンベ→サマルカンド
パミール高原…
とても良かったです。
山好きな人にはたまらないと思います。

・ビシュケク
パーミット必要です。
日本の大使館ではVISA申請時に、パミールの
Ishkashim、Murgab、Vanj、Darvaz、Shughan、Rushan、Roshtgala
に行くと伝えれば、無料で付けてくれます。
私はそれを知らずパーミットを待ってなかったので、オシュの旅行会社でアレンジしました。

Osh guest house: 50$
CBT (tourist information center in Arai): 40$
※3日程掛かる

ウズベキスタンから行く場合、ホーローグで申請するみたいです。
Pamir silk tourでアレンジ出来ます。

▽交通(私の場合)
オシュ→ムルガーブ
ジープチャーター…185$/台

3人でシェアしました。
オシュゲストハウスでアレンジしました。
カラクル湖で1泊2日掛けました。
すごく魅力的な道です。
バーダーは標高4,280mくらい。ものすごく寒かったです(2009年9月3日現在)。
吹雪いていました。

オシュでローカルジープチャーターも可能だと思います。
6,000som/台 ※sumではなくsomです。お気を付け下さい。

ローカルのシェアジープだと一人1,200~1,500somくらいだと思いますが、
夜発なので景色が見れない(キルギス側)のはもったいないかもしれません。


ムルガーブ→ランガル→イシュコーシム→ホーローグ
シェアジープチャーター…320$/台(3日間)

タジキスタンは交通費高いです。
3日掛けてゆっくり周ったけど、距離的には1日でも可能かもしれません。
ホーローグからパミールに入った場合、ワハン川に沿ってムルガーブに行きたい場合、
ランガルまでは公共交通手段orヒッチハイクは恐らく可能ですが、
ランガル→ムルガーブは不可能だと感じました。トラックすら走っていません。

ワハンを通らずホーローグからムルガーブに行く場合は、
ヒッチ&ローカルシェアジープあります。
ホーローグで3人か4人くらい集められればジープチャーターは高くないと思います。
私はランガル→ムルガーブ→オシュの道が一番面白かったので。

ちなみに私がムルガーブからホーローグまで乗って来たジープは、
帰りにヨーロピアン4人グループを拾ってました。
彼等はホーローグからオシュまで700$/台(3or4日)でした。


ドゥシャンベ→ホーローグはとても時間が掛かります。
道がとても悪いので、車選びは慎重に。
大体20時間以上掛かるそうですが、私はソ連車のタブレット型ミニバスを選んでしまい、
故障やら何やらで30時間以上掛かりました。
途中山中の村で1泊。

タブレット: 130ts(ソモニ)
シェアジープ: 200ts(ソモニ)
※1$=4.4ts(ホーローグの値段)

しかし、35$でドゥシャンベからシェアジープで来たという人にも会ったので、
もっと安いジープもあると思います。


◆2009/09
<Samarkand bus station>

Samarkand→Nukus
出発時間…9:00
Samarkand→Urganch
出発時間…11:00, 14:00出発

値段は不明です。Urganch行き、14:00出発のものについては15,000sum。
翌朝到着、途中チャイハナで4時間仮眠。
バスターミナルのチケット売り場が閉まってました。誰もいなかったヨ!

<Tashkent hotel>
・AL-HOSILOT
tel: 253-31-96
料金…20,200sum
U.NOSIR.95
station(Tashkent駅??)→3、40番のbus

ハドラがfullって言われて辿り着いたhotelです。レギ出ます。
トイレとシャワーは共同ですが、3室に1つあるので混みません。
部屋にはバルコニーがついてます。泊まる所無ければどうぞ。
19,100sumの部屋もあるっぽい。
駅から南へバスで15分くらい??近くに軽食屋さんとかありました。


◆2009/09/16 サマルカンドから日帰りタジキスタン
273番マルシェルートカで3,000sum ※2,000くらいでも行けるかも。
「パンジャケント?」と聞くと普通に連れて行ってくれます(国境まで)。
45分程。

国境からパンジャケントには乗り合いタクシー。
一台15,000sum(ウズベクsum)と言われ、一人なら13,000sumだそうです。
値切って10,000sum。
時間にも依りますが、私が行ったときには乗り合う人がいませんでしたので、
国境からソグド人の遺跡、その後bazarまで戻って13,000sum。
帰りは国境まで言い値は13,000sum。結局値切って10,000sumでした。

国境はレギのcheckも所持品検査もなくあっさり。
サマルカンドからパンジャケントまでトータル2時間くらいでした。

あまり交渉が上手くない人のシェアタクシー代。もっと下がるかもです。頑張って下さい。

シェアタクシー料金一覧表
・コーカンド→タシケント…15,000sum(ウズベク人は7,500sumだった)
・サマルカンド→シャフリサーブス…4,000~5,000sum
・ヒバ→ヌクス…16,000sum
・ブハラ→サマルカンド…19,000sum
・ビシュケク→オシュ…700~1,000som(注.以下ビシュケクsom)
・ビシュケク→ジャララバード…700som
・オシュ→ジャララバード…150som
・ジャララバード→カラキュル…300som
・カラキュル→トクトクル…100som
・トクトクル→ビシュケク…350som
・カラスー→ドゥストック…300som
 ※カラスーは外国人は通れない国境。近いけど一人だったので…。
・ドゥシャンベ→パンジャケント…20$

バス料金一覧表
・タシケント→サマルカンド…7,100sum☆
・サマルカンド→ブハラ…4,000sumで乗れるらしい
・サマルカンド→ウルゲンチ…15,000sum☆
・ヌクス→ムイナック…4,000sum
・ヌクス→ブハラ…15,000sum
・ヌクス→ウルゲンチ…7,000sum(ミニバス)
・ウルゲンチ→ブハラ…9,000sum
・ブハラ→サマルカンド…7,000sum
・アンディジャン→コーカンド…2,400sum☆

☆は交渉済み値段です。
ですのでその他はもう少し交渉の余地があります。

夜出て朝着くバスは途中のチャイハナで仮眠します。大体4時間くらい。
横になれるので以外と楽。
ヌクスからムイナックに行く場合、バスターミナルまで行かなくてもバスに乗れます。
朝は9時頃タシケントホテルの近く。
昼は15時頃バザールから。
いっぱいになると出てしまうので早めに行った方が良いです。

ホテル・ヌクスは1$=1510sumで、sum払いだと朝食付きません
2人だったからかドミトリーではなく1部屋30$でした。
ムイナックの宿は言い値10,000sum。夕飯4,000sum。
宿のおっちゃんがご飯作ってくれてめっちゃかわいいです。
朝食2,000sum。とりあえず何もない。ビール2,800sum。


◆2009/09/22 おすすめタシケントホテル
・駅のホテル(歩き方、ロンプラに載ってます)
「駅構内」ではなく、駅舎と同じ建物と言うのが正確。
メインの入口に向かって左側の小さめの入口。
入口の上にベッドの絵があるので分かると思います。

ドミ…11,000sum(6ベッドルーム、シャワー無し)
ツイン…35,000sum(部屋見てないので詳細不明)
 ※↑料金が私の調査時と違うのは交渉が入ったためと思われる

とにかくキレイです。
作りも結構新しい。値段の割に快適です。
チェックアウトは8:00ですが、朝早い飛行機や列車で行くなら問題ないでしょう。
ホームまで徒歩5分。
食事は駅のホームに近い売店で軽食が取れます。
レギ出ます。
受付のおばちゃんは英語OK。


◆2009/09/26
①テルミズのバスターミナル時刻表
・テルミズ→カルツ…7:00
・テルミズ→タシケント…8:00、9:00
・テルミズ→サマルカンド…6:20
※値段は不明

②テルミズ→サマルカンドのシェアタクシー
料金…2800sum

途中キターブを通る。

③テルミズの町について
町の中は普通のウズベキスタンの町と同じ雰囲気。
(アフガン国境で緊張した空気は特に流れてない)

見所
・カラテパ。しかし時間なくて行けず。
・テルミズオタ(モスク)…NO.15のミニバスで行ける
・考古学博物館
料金…3,500sum(カメラ持ち込み料込)
・バザール…ごく普通

・hotel Asson
普通の宿。英語はあまり通じない。
1泊20$。言い値は30$。

④テルミズへの行き方
カルツの町へ行って、そこから乗り換える。
サマルカンドからならシェアタクシー、ブハラからならミニバス、6,000sumで行ける。
カルツのバスターミナルにはシェアタクシーあり。バスは未確認。


◆2009/09/26 日本人4人が集まって、シャフリサーブスへ行ってきました
料金(シェアタクシー)…片道8,000sum/人が言い値→往復11,000sum/人
タクシー乗り場はレギスタン広場から正面に見て、
斜め左前方(の屋根のスーパーマーケット近く)

途中の峠は確かに良い景色。峠のワインディングロードと、
その下の町(シャフリサーブスではない)が見られます。
シャフリサーブス自体はそれなりの観光地です。アクサライは結構立派ですが…
密度の濃いバザールは割とおすすめです。

ハイート明けの週末だからか分かりませんが、多数の花婿・花嫁がいました。
何故か3shotを撮られました。

アクサライの後ろにある観覧車は1,000sum/人です。
アクサライを外から撮りたい方はどうぞ。柵が低いので危険ですが…
バザールの向かいのカフェのラグマンは割とおすすめです。
麺がモチモチして、他よりうまかったと思います。チャイと併せて2,300sum。
城壁の辺りを歩いていると、お宅に招待される事もあるそうです。


おまけ-現地人曰く-
・タシケント⇔サマルカンドは鉄道利用がおすすめ
・サマルカンドでは野菜、果物などの農産物。ブハラでは工芸品がおすすめ。
・ビールはSARBASTが一番!!

では、みなさんの無事を祈りまして。


◆2009/09/27
シャヒージンダ廟の裏口から入れました。参考までに。



今回はここまで。
今後本文の長さを特に揃えるつもりはありません。
ただもう少し見易くなるよう、改善を考えております。
また重複する情報は確認出来る限り統一しようと思います。
せっかく書き込んで頂いている方には申し訳ないですが(-_-)


今回はかなり急ぎ目の更新ですので、
『本文ちょっと変わってるよ~』
と言う事があるかもしれませんので、思い出したときに立ち寄って頂ければ(*^^*)


それでは次回予告はせず、今回はお別れしたいと思います。
明日は作者取材の為、お休みを頂きますm(__)m←久しブリに言ったな、コレ。
それでは、また(^o^)/

 | HOME |  »

FC2プロフ





◆バックパッカ-の必需品

D15 地球の歩き方 シルクロードと中央アジアの国々 2009~2010

ウェブ全体検索 by Google

ブログ内検索 by Google

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。