ウズベキスタン滞在中日本人がお届けする、日本人のためのウズベキスタン生情報。現地で直接情報を仕入れるため鮮度抜群!!

    トップページ > スポンサー広告> 遺跡 > #25.ビビハニム(Bibi-Khanum)  

ウズベキスタンで、インターネットなら

もうイヤ!田舎はネットに繋がらない。

途上国でお困りのあなたに!

ネット後進国なのに、いつでも、どこでも、快適に繋がる!

あなたの旅の、すぐ傍に。

ウズベキスタン,インターネット

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#25.ビビハニム(Bibi-Khanum)

2010 - 02/05 [Fri] - 19:51

こんばんは。Timaです。
タイトル見て頂くと、予想通りの遺跡ラッシュに突入した事をご確認頂けると思いますww

今回はビビハニムの特集。
ウズベキスタンにご関心のある方ならご存知かとは思いますが、私も今回初めて知り得た情報もございますので、最後までお読み頂ければと幸いです(*^^*)

それでは早速、参りましょう♪(最近初めの挨拶が雑だな~…)



bibi
ビビハニム入口

先に申し上げておきますと、こちらへの行き方は次回紹介させて頂きます。
まずはこちらの大きなモスクを潜ります。

↑のモスクを潜ると、すぐ左手に券売所(KASSA)があります。
・料金
入場     …4,200sum(約280円)
カメラ持ち込み…1,500sum(約100円)

前回のウルグベク天文台と同料金となります。


miyage
ガイドブック売り場

KASSAのすぐ近くではガイドブックが販売されています。


guidebook
日本語ver.

↑こちらも前回出ましたね(^^)


front
正面モスク

rightside
右手モスク

中に入ると3つのモスクを確認頂けます。
左手のモスクは右手のものと形状が同じですので、写真掲載は割愛させて頂きます。


正面モスクですが、現在修復中の様子。

front2
正面モスク内部


さて、ここから私の今まで知り得なかった情報ですが、
ビビハニムのミナレットに登れる
というのは、皆さまご存知でしょうか?

恐らく登った方もいらっしゃるとは思いますが、私は今まで何度ビビハニムを訪れても、
「ミナレット~、ノボリマセンカ?」(笑)
と訊ねられたことはありませんでした。
それが今回初のお誘いを受けまして、登頂させて頂いた次第です。

それではその方法を以下に!!(現地の方の気分次第かもしれません^^;)


まず内部に入りましたら、すぐ左の壁つたいに進みます。


left

↑写真の長屋の様な建物がございますので、こちらにいらっしゃる方へ訊ねてみましょう。
※私の場合は、周辺をウロついていると、あちらから声を掛けて頂けました。

ちなみに近くにトイレもあります。

toilet
トイレ

写真の白い建物はフェイクで、トイレは少しだけ奥にあります。
写真右手にプレハブの切れ目が確認頂けますでしょか?
こちらを潜るとトイレがあります。

実は潜って右手を見てみると・・・

wall

穴、、、がありますねぇ。
こちらが実はミナレットの入り口です。
目の前に見える塀を越えて内部へ。


tower

↑ハッキリ申し上げてめちゃくちゃな急勾配です(*_*;
しかも階段はかなり崩れていますので、10人に一人くらいは滑ってもおかしくないかと(-_-)

ですからあまり登られる事もお薦め致しません(笑)
特に黙って侵入等はくれぐれもされないようにお願い致します。
後、重たい荷物は持ち込まないように。
私はパソコンを所持しておりましたが、従業員(??)の方に手伝って頂いて、
何とか転ばず済みました(-д-)フゥー


肝心の景色ですが、

top of minalett

top of minalett2

そんなに良くもないんですね~ww
現在は修復中とのことで頂上まで行けなかったこともありますが。。



と、後味の悪いところで終了ですww
ただ、あまり知られてない事を知る、と言う意味ではかなり満足出来ます。
「そんなの知ってるよ」
と言う方が続出しないことを祈るばかりです orz orz (笑)

次回は先に告知させて頂きました様に、「ビビハニムまでの行き方」となります。
ど~も短く記事を書けないのですが、
Tima史上最も短い記事となる可能性がございますのでご注意を!!

「ミナレット・ハンター」の称号を頂きまして、締めの挨拶とさせて頂きます(^皿^)
それではまた次回(^O^)/

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tima1026.blog119.fc2.com/tb.php/29-eddd9000

 | HOME | 

FC2プロフ





◆バックパッカ-の必需品

D15 地球の歩き方 シルクロードと中央アジアの国々 2009~2010

ウェブ全体検索 by Google

ブログ内検索 by Google

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。