ウズベキスタン滞在中日本人がお届けする、日本人のためのウズベキスタン生情報。現地で直接情報を仕入れるため鮮度抜群!!

    トップページ > スポンサー広告> 遺跡 > #27.グリアミール(Gur-Emir)  

ウズベキスタンで、インターネットなら

もうイヤ!田舎はネットに繋がらない。

途上国でお困りのあなたに!

ネット後進国なのに、いつでも、どこでも、快適に繋がる!

あなたの旅の、すぐ傍に。

ウズベキスタン,インターネット

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#27.グリアミール(Gur-Emir)

2010 - 02/06 [Sat] - 10:58

こんにちは。Timaです。
まだまだ続く遺跡ラッシュですが、そろそろネタがなくなって参りました(^^;
ネタ(モスク)探しの旅に出る事を余儀なくされそうです(;一_一)

私が未だ紹介していないサマルカンドの有名処はあと2つ。
今回はその数少ない命綱の内の1つを紹介させて頂きます。

それでは参りましょう!
グリアミール(Gru-Emir)!!



gur

こちらへの行き方ですが、レギスタン広場方面からだと「3、10、91、92番」と、
把握出来ていない程様々なダマスが近くまで運んでくれます。
駅(vokzal)からだと「3番」のダマスがお薦めです。
駅からはかなり遠いですが、レギスタン広場からなら歩いて20分程度かと思います。


am

近くに↑のアミール・ティムール(Amir-Temur)像がありますので、比較的簡単に到達出来るはずです。


gur front

それではこちらを潜って中へ。
と、その前にですね、こちら門の左斜め後方に券売所(KASSA)がございますので、慌てず入場券をお買い求め下さい。

・料金
入場 …4,200sum(約280円)
カメラ持ち込み…1,500sum(約100円)
料金は「ウルグベク天文台」、「ビビハニム」と同様です。

またこちらの門を潜る前に左手をご覧になればトイレもございます。

toilet


それでは中へ。


front

まず正面にモスクがございます。
こちらの中は後ほど説明させて頂きますので、中庭の様子から。


kame

左手にはこの様な甕(??)がございます。
文字が刻まれているので石碑ですかね??
ビビハニムの時もそうでしたが、ガイドの方に案内頂かないと分からない事は多いです(^^;


gur side

右手少し奥に進むと↑の画がご覧になれます。
私はどうやら洞窟好きのようなので(笑)、こちらも印象に残りました。


light

中庭丁度中央に、ライトアップの機材が設置されています。
現在もライトアップをしている様子で、レギスタン広場も同様でした。
#10.まとめ」でレギスタン広場は冬場ライトアップはしないと記載してしまいましたが、
どうやら誤情報だったようです。
申し訳ありませんm(__)m


gur night

こちらは夏場に撮影したものです。
結構お気に入りの一枚です(*^^*)


ではモスクの中をご案内致します。

map

入ってすぐに地図がございます。
グリアミールの全体図かと思えば、ウズベキスタンの地図でしたww
ここに設置する意味はあるのだろうか…(*_*;

地図から真後ろに振り返るとお土産屋さんもあります。

miyage


door

更に奥へ・・・


room

こちらがメインですね。
夏場来た時は何も感動がなく、ただただ涼しかったです(*´д`*)
しかし天井をご覧下さい!!


roof

およそ3kgの金があしらわれたとされるこちらの天井は、さすがに煌びやかに写ります。
夏は修復中でしたので、その影響で印象に残らなかったと信じていますww

現在のビビハニムも同様に修復中で、前回私が訪問した際は、天井に輝きはありませんでした。



以上でグリアミールの紹介を終わりとさせて頂きます。

毎回思うのですが、名称の表記は一体どれが正しいのか本当に迷います(@_@;)
なるべく正しいと思えるものを選ばせて頂いておりますが、
元々書体も違いますし、恐らくそれぞれで解釈出来てしまうのでしょう。
特に日本語で表現する場合、正しい書き方があるのかも疑問です(>_<)


さて次回は、いよいよ遺跡ラッシュ最後の大物が出て参ります。
私が一番自信を持ってお薦め出来る場所ですので、楽しみにお待ち下さい(^^)
それではまた(^O^)/

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tima1026.blog119.fc2.com/tb.php/31-30776214

 | HOME | 

FC2プロフ





◆バックパッカ-の必需品

D15 地球の歩き方 シルクロードと中央アジアの国々 2009~2010

ウェブ全体検索 by Google

ブログ内検索 by Google

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。