ウズベキスタン滞在中日本人がお届けする、日本人のためのウズベキスタン生情報。現地で直接情報を仕入れるため鮮度抜群!!

    トップページ > スポンサー広告> レストラン > #44.サマルカンド最強レストラン、Karim-Bek(カリムベック)  

ウズベキスタンで、インターネットなら

もうイヤ!田舎はネットに繋がらない。

途上国でお困りのあなたに!

ネット後進国なのに、いつでも、どこでも、快適に繋がる!

あなたの旅の、すぐ傍に。

ウズベキスタン,インターネット

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#44.サマルカンド最強レストラン、Karim-Bek(カリムベック)

2010 - 02/23 [Tue] - 15:48

こんにちは。Timaです。
まずは速報。




「Venetsia」のネット環境について。

http://ameblo.jp/s-tima/entry-10465473792.html
↑の記事でも述べておりますのでご参考にして頂きたく思います。
が、インターコンチネンタルホテルの接続スピードが上がっているので、
ウズベク最速の称号は早くも剥がれ落ちました(;_;)

ネット接続料は前回申し上げましたが、10,000sum(約670円)以上ご注文頂いた方は、何時間接続してもOKとの事です。
ですがお一人10,000sumですので、お二人だと当然20,000sumご注文頂く必要がございます(;一_一)

肝心の接続スピードですが、10~50kbps
速度の幅が大きい原因として、ADSL環境の割に速度を絞り過ぎている(無理して速度を確保している)事が考えられます。
私が接続を試みたのは一度だけですが、平均すると30kbps以上の速度が期待出来ました♪

また「Platan」のwi-fiサービスは、現在停止中とのこと(*_*;
再開もいつになるか分かりませんので、ご紹介させて頂いている限りでは、
サマルカンド内でwi-fi接続可能なカフェは、Venetsiaのみとなります。
他にも現地情報として「エルドラド」といわれるレストラン等があるとの事。




それでは本日の本題、「Karim-Bek(カリムベック)」について。
こちらは『世界弾丸トラベラー』でも登場した、サマルカンド内で私が一番お薦め出来るレストランです(^^♪
ガイドを担当したのは友人のAlisher(アリシェル)ですが、年齢と見た目に若干(??)のギャップがあるため、梨花さんなど出演者の笑いを誘っていたそうですwww
私はまだ拝見しておりませんが、ご興味あれば探してみて下さい(^^)

本日はそちらへの行き方、お薦め料理等の紹介をさせて頂きます。
それでは参りましょう(^O^)/



まずこちらへの行き方ですが、レギスタン広場からだと「91、92番」のダマスにご乗車下さい。
勿論タクシードライバーに「カリムベック」と告げて頂いても問題ありませんが、
3,000sum(約200円)は下りません。
ダマスの料金は最近値上げされて400sum(約30円)→500sum(約40円)
バスは以前300sum(約20円)のままです(^^♪


karim-bek2

karim-bek1

karim-bek3

↑はカリムベックの外観です。
目印となる建物がないに等しいので、ダマス運転手に店名を予めお伝え頂くのが確実です。

cross karim
Bi-lain(ビーライン)の時計台

一応↑は目印になるかもしれませんが、お店自体の方が大きくて目立ちます。


stairs

店内は広く、2階もございます。
1階のパーティーホールは騒々しいので、静かにお話しされたい方は個室がベストです!!

dancers

但し1階のパーティーホールでは、定期的にベリーダンスのショーが催されます。
美しい方が多いので、男性の方は特に、ショーが行われているか確認されてからテーブルをお決めになる事をお薦め致します(笑)


shashirik
シャシリク

冬場は店内で調理します。
私は肉汁たっぷりのお肉が苦手なのですが、肉食系の方にはおススメ♪♪


frantz
フランススキー

『とにかくこれを食べなさい!!』と言いたいですww
日本に帰国したらフランススキーのお店を出したいなぁ~、と思わされるほど絶品です(*^^*)
ロシア料理で、「フランスの~」という意味です。英語の「french」にあたる単語です。
由来は調べておりませんが、名前から想像するに難くありませんね(^^)

フランススキーで頭がいっぱいなので、その他の料理についての記憶が曖昧ですが、
このお店の料理はどれも、私においしいと思わせる物ばかりです!
料金はお一人10,000(約670円)あれば十分ですが、
余裕を持って15,000sum(約1,000円)はご準備下さい。


こちらのレストラン近くには、夜間2階がディスコとなるレストランもございます。

isti
レストラン、Istiklol(イスティクロール)

踊りたくて仕方ない!!と言う方は、是非シャシリクを食べてからのご参戦をwww



以上でカリムベックの紹介となります。
いつもwi-fiの接続可能なレストラン/カフェの紹介ばかりでしたので、少し嗜好を変えてみました(*^^*)
やはり料理は純粋に楽しみたいですし、比較的wi-fi接続可能なお店は、品揃えにウズベキスタンの伝統料理が少ない傾向にあります。


さて次回は、久しぶりに登場します、wi-max提供会社「evo」について。
先日サマルカンド支店にお邪魔しましたので、そちらの行き方、料金表を掲載致します。
PDFダウンロードされた方は既にご存知と思います(^^♪

次回分は本日中に更新しようと思っておりますので、また後ほど(^o^)/
スポンサーサイト

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: ガイドのアリシェルさんとは…

ぱむさん、こんばんは。
その通りです。弾丸トラベラーのガイド経験があるのは彼のみなので間違いないでしょう。
ちなみに、ぱむさんと名乗られましたか?
私から日本の方がお礼を言ってたと伝えておきます(^^)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tima1026.blog119.fc2.com/tb.php/48-4a03c402

 | HOME | 

FC2プロフ





◆バックパッカ-の必需品

D15 地球の歩き方 シルクロードと中央アジアの国々 2009~2010

ウェブ全体検索 by Google

ブログ内検索 by Google

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。