ウズベキスタン滞在中日本人がお届けする、日本人のためのウズベキスタン生情報。現地で直接情報を仕入れるため鮮度抜群!!

    トップページ > スポンサー広告> ウズベキスタンの歩き方 > #66.2010年GWの旅【ヒヴァ(Khiva)】  

ウズベキスタンで、インターネットなら

もうイヤ!田舎はネットに繋がらない。

途上国でお困りのあなたに!

ネット後進国なのに、いつでも、どこでも、快適に繋がる!

あなたの旅の、すぐ傍に。

ウズベキスタン,インターネット

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#66.2010年GWの旅【ヒヴァ(Khiva)】

2010 - 05/12 [Wed] - 13:58

こんにちは(^^)Timaです。
昨夜ここタシケントは雨が降り、今朝は久しぶりに涼しさを感じる事が出来ました。
今回の旅行期間の半分以上も雨に見舞われたため、『5月は雨降りが多いのかな~?』と思いましたが、友人に伺うとそんな事もない様子。やはり基本的に傘は必要無さそうです♪

さて今回はヒヴァについてです。
先ずは前回までのヌクスを出発致します。
ウズベクスタイル(シートベルト無し)で、参りましょう(^O^)/





breakfast

早速腹ごしらえw
また膳が揃い終える前に撮影してしまいましたが、ウズベキスタン内安宿の朝食基本スタイルは、【パン、ジャム、チーズ、サラミ、目玉焼き、お茶かコーヒー】です。
目玉焼きの代わりにお粥に砂糖を振りかけた様なものも出てきますが、私はそれ、苦手です(ーー゛)
では外へ出ましょう(^^♪

sightseeing

いきなりですが今回の旅で最も心惹かれたのは、↑写真の様な[ヌクス→ヒヴァ]間の風景です。
当時のメモ書き、またtwitterでも呟きましたが、『自由とは景色そのものかもしれない』と思わせる程、こちらの景色は私の心に残りました。

※もしご興味あればフォローしてみて下さい
twitter:@s_tima

近い内に船の墓場で一泊と、この辺りを歩いてみたいと思っています。

yuruta

途中↑こんなのが視界に入りました。
確認してないのですが、友人に伺う限りユルタ(モンゴルのゲルの様なもの)が密集してるとの事。

traffic jam
アムダリア河横断

ちょっと渋滞。原因は・・・

tsumatta

トラックの車輪が引っ掛かり立ち往生してた様子。
5分程停車していたのでその間外に出てみましたが、風の音しか聞こえませんでした。
正確には人々がトラックを引き上げるため大きな声を張り上げておりましたが、不思議な事に意識してもその声はどこか別の所から"響いて"いるようでした。
まさに「無」。寂しさすら吸い込まれます。

[ヌクス→ヒヴァ]間は砂漠あり川ありと景色が良いタイミングで変わりますので、個人的にお薦めです。但しあまり豪華なものではありません。
ここから少し寝てたのでいきなりヒヴァへ(^^;

hen
鶏肉

3時間車に揺られ、ランチタイムです♪

w
ジャイアンと宇宙へ交信する男

lake

このレストランは池の側に建てられ、「イチャン・カラ」の目の前に位置します。
ロケーションは良いですが、少し料金高いのと味はまぁまぁです(-_-)

それではイチャン・カラ内へとご案内致します。

minalett
カルタ・ミナル(未完成で建設が終えられたミナレット)

tile
タイルの様子

↑はかなり目を引きます。
私としては、もしかすると未完成で丁度良かったのかなと思わせる建物です。

camel
ラクダ

私のtwitterをフォロー頂いてる方から、

@amiable1129 あら、このラクダはもしかして、イチャンカラのラクダのカーチャ??

とtweetを頂きました。
私はこの子の名を存じ上げませんが、「カーチャ」はロシア語では女性の呼称で、英語読みではケイト。
恐らく女の子でしょう(^^)

juma
ジュマ・モスク

pole
支柱

wood
柱の木目

213本の柱が並ぶとの事ですが、ウズベクマスターを名乗るにも関わらず、「地球の歩き方」からの抜粋です(笑)

D15 地球の歩き方 シルクロードと中央アジアの国々 2009~2010
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 62018
おすすめ度の平均: 3.0
3 いいよ



huja
フジャのミナレット

ヒヴァで最も高いとされるミナレットです。意外と登るのはキツい(@_@;)

teppen
ミナレット頂上からの景色

monkey d tima
登頂記念

↑落書きは良くないです。止めましょう(笑)

sadao
どこかの井戸

貞男さんが出てきそうですが、よく見るとゴミが落ちてます。
皆さん井戸から水を汲み上げて飲んでおられましたので、水自体はキレイかと思います。

sonic boom
ザンギエフ

stage
舞台

kyofuna
キョフナ・アルク

keshiki
キョフナ・アルクから観た、土一色の景色

map
カラ内の地図を作るおじ様

正直言うと、イチャン・カラ内にはそれ程感動致しませんでした。
偶然出遭った日本人旅行者の方に伺うと、晴れの日に見たときは素晴らしかったと仰っておられましたので、たぶんに天候も影響したかと思います。


hanage

おや?鼻くそついてますよ。


ではヒヴァは楽しくなかったかと言うと、そんな事はありませんでした。
何が良いって人が良い!!

今回の旅行では徐々に都会に向かうという行程でしたが、田舎に行けば行くほど人が温かくなると確信致しました。
そう考えると、ヌクスやムイナックであまり人と関わる時間を持てなかった事を残念に思います。


people1
近くのお店の方達+雨乞いの男

people2
結婚初夜の夫婦の様にくねくねする子供(嫌がってるだけw)

people3
歩いてるとホドコシを与えてくれたご家族

Timaも歩けば温かさに当たると言う感じで、本当にこんな→(_´Д`)ノ町です。
但し写真の取り過ぎにはご注意を。
少しイヤらしいですが、「写真を撮る=送る」となり易いです(^^;今回も2件程クライアント様が…
しかしそれが人の温かさというものですかね(^^)


後少しだけ。ホテルの紹介です。

hotel
イサック・ホジャ(Isak Hoja)

beds
お部屋

宿泊料は2人で30$でした。
$で支払ってしまったため断言出来ませんが、sum払いだと【1$=2,000sum】程のレートになると思います。

最後にイチャン・カラのライトアップ写真を。

night





ヒヴァというよりは、ヌクスからの道も含めて印象的でした。
道中は温かさを、更には冷たさすら感じさせない風景が拡がり、だからこそ町の人々の温かさが身に染みたのかもしれません。

欲を言えばイチャン・カラからもう少し感動を与えられたかったのですが、どのように受けるかは人それぞれです。
お時間あればカラクム砂漠へと出掛けてみるのも良いかもしれません。


次回は来ました、ブハラ!!
今回の旅で最も楽しみにしていた街です。
目新しいものはないかもしれませんが、またお読み頂ければ幸いです(*^^*)
それでは、また!
スポンサーサイト

何気なくGoogleで検索をかけ、「あら、ウズベキスタンの情報だわ」と読み進めていたら、私の名前が出てきてびっくりしました。笑。

もうすでにご帰国されたのでしょうか?
いつかどこかでお会いして、ウズベキスタン話で盛り上がれたら幸いです^^

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tima1026.blog119.fc2.com/tb.php/72-cbb848d4

 | HOME | 

FC2プロフ





◆バックパッカ-の必需品

D15 地球の歩き方 シルクロードと中央アジアの国々 2009~2010

ウェブ全体検索 by Google

ブログ内検索 by Google

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。