ウズベキスタン滞在中日本人がお届けする、日本人のためのウズベキスタン生情報。現地で直接情報を仕入れるため鮮度抜群!!

    トップページ > スポンサー広告> 遺跡 > #72.日本人墓地  

ウズベキスタンで、インターネットなら

もうイヤ!田舎はネットに繋がらない。

途上国でお困りのあなたに!

ネット後進国なのに、いつでも、どこでも、快適に繋がる!

あなたの旅の、すぐ傍に。

ウズベキスタン,インターネット

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#72.日本人墓地

2010 - 07/22 [Thu] - 12:30

こんにちは、Timaです(^^)
今回は少し悩んで、結局日本人墓地を紹介させて頂くことにしました。
それでは早速ですが、参りましょう!!





先ずは行き方から。
確認した限りでは、38番、57番、58番のバスが近くを通ります。
トラム、メトロは近くを通りません。

前回のアゼルバイジャン料理屋で出て来たロータリー交差点、こちらをグランドミールホテル方面から、真っ直ぐ突き進みます。交差点近くに少し大きめの停留所がございますので、こちらから数えて(この停留所を含めず)4つ目の停留所で下車して下さい。


hotel
ASTORIA MIR(アストリア・ミール)ホテル

道路の向かい側に、↑のホテルをご確認頂けます。
分かり難い場合はバスの運転手に『ヤッカサライ(Яккасарой)』と告げて下さい。

余談ですが、私は当日ロシア語で「お墓」という単語を知らなかった為、得意の身体を張ったギャグ・・・ではなくボディーランゲージを駆使しました。
『ィエポーニェッツ(日本)』と言いながら眠る様な仕草をすると、運転手に一発で伝わりました。おススメw


さて、バスを降りられましたら、停留所近くに右手へ延びる路地がございます。

saka

少し坂道になっており、『本当にこんな住宅街の中かよ?』と思われるかもしれませんが、そのままお進み下さい。

墓地は200m程ですが、道中右手に日本人抑留者に関する資料館がございます。

message board

が!!

ie

閉まってました。。
と言うよりも、もう開かない雰囲気満々です。
改装ではないよ~な・・・(-_-)


気を取り直して墓地は左手、資料館から50m程。

gate1
墓地入り口

入園料は、何と無料!!
しかし入口に女性がお二方おり、入園の際はただ親切に案内頂いたのですが、帰り際にお金を要求されました(゜ロ゜; しかもお一人に渡すと、『えっ!?私には?』と言われ、また、日本人のプライドが邪魔してダブルプライスに(-д-)ハァー
気持なので幾らでも良いです。お二人いらっしゃる場合は、予め分割しましょう。笑


これ以上紹介する必要は本来ないのですが、日本人墓地が意外と奥の方にあって分かり難い為、そこまでの経路を示します。

正門入って100m程歩くと、

gate2

更に入口が。
ここを潜らず、左手にお進み下さい。

mosque

小さなモスク

↑がご確認頂けましたら、後はひたすら真っ直ぐ道なりにお進み下さい。
左手に折れる舗装された道、5つ目にお入り下さい。

1


2


3


4


saka2


↑少し傾斜のある、アスファルトで舗装された道です。
小さなモスクから300m程と思います。

haka

日本人が埋葬されたお墓は、ご覧の様に柵で囲まれている為、比較的分かり易いです。
随分ご丁寧にm(__)m





以上で、日本人墓地の紹介となります。

「墓地」と言うとあまり良いイメージを持てませんが、とてもキレイな造りで、訪れて良かったなと思いました。
不謹慎ですが、夏場の暑い時期は避暑地にもなります。(ホントに不謹慎)
是非、お手を合わせにお参り下さい。


次回はカザフVISAの取得までをドキュメンタリー形式で!
更新が出国までに間に合えば近い内にお会い致しましょう(^^)
次回の記事を日本で更新する必要のない様、私にもお手をお合わせ下さい。
それでは、また次回(^o^)/
スポンサーサイト

資料館閉まっていたんですか!?知らなかった。残念でしたね。
これからどうなるんでしょうか?調べてみます。

カザフ&キルギス(?)情報も楽しみに待ってます。気をつけて~

Re: タイトルなし

>uzbekfriendsさん

あっ、助かります(^^)
僕の拙いロシア語ではかなり厳しいので。。

クルグズは気が向いたら行ってきま~す。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tima1026.blog119.fc2.com/tb.php/80-824ed1fe

 | HOME | 

FC2プロフ





◆バックパッカ-の必需品

D15 地球の歩き方 シルクロードと中央アジアの国々 2009~2010

ウェブ全体検索 by Google

ブログ内検索 by Google

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。