ウズベキスタン滞在中日本人がお届けする、日本人のためのウズベキスタン生情報。現地で直接情報を仕入れるため鮮度抜群!!

    トップページ > ホテル  

ウズベキスタンで、インターネットなら

もうイヤ!田舎はネットに繋がらない。

途上国でお困りのあなたに!

ネット後進国なのに、いつでも、どこでも、快適に繋がる!

あなたの旅の、すぐ傍に。

ウズベキスタン,インターネット

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#37.プレジデント(President)ホテル

2010 - 02/14 [Sun] - 15:08

昨日(2010/02/13)は、沢山の日本人の方のお目に掛かりました。
どうやら新体操の競技大会がここウズベキスタンで開かれるらしく、関係者の方々がウズベキスタンホテルに集まっていらっしゃいました。

お話しさせて頂いた男性(お名前伺うのを忘れた ;一_一)はとても気さくな方で、
正直出遭ってもあまり挨拶をしない日本の方とは、雰囲気も随分違いました(^^♪
この場を借りて、楽しい時間をご提供頂いた事に御礼申し上げます。
ありがとうございましたm(__)m

また以前から存じ上げている、日本人留学生の方とも偶然出遭いました。
彼のロシア語は、既に私より素晴らしいものとなっている事でしょう(^^)
悔しいな(・へ・)ww

改めましてTimaです。こんにちは(^^)


今回は「プレジデント(President)ホテル」の紹介となります。
詳細な情報に欠けますが、私の知る限りお話しさせて頂きます。
それでは参りましょう(^O^)/



president

少し遠いですが、まずこちらがホテル外観です。
こちらへの行き方ですが、何度も紹介させて頂いている
「Amir-Temur像」のすぐ近くになります。

amir temur

レギスタン広場方面からだと、「3、91、92…」と様々なダマスをご利用頂けます。
駅(:vokzal)からは、「3番」のダマスは今の所確実ですが、ルートが変更されているため、
その他の番号については不明です。


ホテルに入る手前右手に両替所がございますが、正規レートを採用しております。
但し、いくら両替したかの証明書が必要な場合、重宝します(^^)


reception

ホテルに入られて右手には、受付がございます。
勿論英語でも対応頂けます。

↓料金はコチラから↓
ホテル料金表ダウンロード


lobby

入って正面には、BARが設置されていますので、コーヒーやお酒等の飲み物が戴けます。
時々マスターさんがいないので、受付の方にご確認下さい。


tourism

また左手には、「WTO(world tourism organization)」があり、サマルカンド内の様々な情報を提供しております。
こちらではツアー等も取り扱っておりますので、サマルカンドへ初めて来られた際は、一度立ち寄られることをお薦め致します(^^)
それにしても随分思い切った名前を(^^;
世界中にいくつか支店はあると、一応伺っております・・・


toilet

入って正面、真っ直ぐお進み頂くと、ご覧の様に階段をご確認頂けます。
写真の階段を登ってすぐ左手にトイレがございます。
入口右手にもトイレがございますが、手元に写真がないため、申し訳ありませんが受付でお伺い下さい。



以上で少し短いですが、ホテルの紹介とさせて頂きます。
インターネットに関しては、施設内の期間では利用されている様子ですが、wi-fiのサービスは取り扱っておりません。
有線LANに依る接続は、交渉次第では可能かもしれませんが、私は失敗しました(;一_一)


さて次回は、いよいよ【あそこ】が登場します!!
バックパッカーの方は既にピンと来たと思いますww
お約束していた情報ノートは未だにまとめ中ですが、近日中に公開いたしますので、今暫くお待ち下さいm(__)m

それではまた次回(^^♪

#36.マリカ(Malika)ホテル

2010 - 02/13 [Sat] - 15:29

こんにちは。Timaです。
今回のホテルラッシュで紹介を予定しているサマルカンド内のホテルも、
残す所あと3つとなりました。

今回紹介致しますホテルは、どちらかと言うとバックパッカー向けではないです。
アジア(Asia)ホテルでネットが繋げない今、立地等を考えると、
リーズナブルで一番利用しやすいホテルと思います。

それでは参ります!
「マリカ(Malika)ホテル」!!



まず最初に申し上げておかないといけない事は、
こちらのホテルではwi-fi等のネット接続サービスを提供しておりません(;一_一)
サマルカンド内で私が知る限りでは、あくまでもホテルグランドサマルカンドのみです。

以前旅行者の方が、
サマルカンド空港近くの比較的新しいホテルでwi-fiサービスを実施していた
と情報をご提供下さいました。
但し8月時点の情報ですので、現在の状況は不明です。


ではホテルまでの行き方を紹介致します。

temur


Amir-Temur像が写真の角度から見える方向に、舗装された道がございますので、
そちらに曲がって真っ直ぐお進み下さい。

hotel


Amir-Temur像から100m程で、右手にホテルがご確認頂けます。
またこちらは、グリアミールと本当に目と鼻の先にございますので、グリアミールを目指される方が分かり易いかもしれません。

↓料金はコチラから↓
ホテル料金表ダウンロード

う~ん…
料金5秒で説明出来るので、やっぱり下に書いちゃいます(笑)

single…50$
double…75$

「ラーメン」しか出さないラーメン屋くらい、料金体系はシンプルですwww


受付の方は英語対応可能ですが、中には日本語も出来る方がいらっしゃいます(^^♪
また受付から真っ直ぐお進み頂くとホテル共通のトイレがございます。

stairs


次にお部屋の紹介。

bed
ベッド

toilet
トイレ

シャワーの写真がないです。申し訳ない…(-_-)

こう表現するとサマルカンドに失礼ですが、最初こちらのホテルを訪れた時、
サマルカンドでもこれだけ部屋をキレイに保てるんだ!
と感じたのを覚えています。
お部屋の造り、清潔感はアジアホテルとよく似ています(^^)



どうやら写真を消去してしまった様子で、今回掲載出来る写真は以上です(-_-)
と言うか、これで紹介も終わりですww
料金も含めかなりシンプルなホテルですが、大通りから近い、またホテル目の前に駐車出来るため、
特にガイド付きの旅行者には人気のホテルです。

一点注意と致しまして、マリカホテルはサマルカンド内に2種類ございます。
同グループが経営しておりますが、タクシー等で向かわれる場合、
「マリカ」
のみではどちらに連れて行かれるか分かりません。
私も最初の内は何度かありました。

マリカプライム
グリアミール

どちらかを付け足して頂けたらと思います。
恐らくグリアミールの方が伝わり易いでしょう。
マリカプライムと言って、別のホテルに連れて行かれたのが私ですから…(;一_一)
勿論もう一方のマリカホテルへ向かわれる場合は、↑のキーワードは禁句です。


さて、次回は「プレジデントホテル」の紹介となります。
料金はサマルカンド内のホテルでは最も高く、そしてサービスはそこそこのホテルです(笑)
現在ホテルから頂いた資料が見当たらないので、少し時間が掛かるかもしれません((゚Д゚))


それでは最後に、ホテルをいつもキレイにしてくれている方の写真でお別れとします。

people

また次回(^O^)/

#33.グランドサマルカンド(Grand Samarkand)ホテル

2010 - 02/10 [Wed] - 19:08

こんにちは。
執筆活動は夜が向いてるな、と気付いたTimaです。
と言うよりは、夜はやる事が単に限定されるだけなのですが…(-_-;

今回紹介致しますのは、私の知る限り、現在サマルカンド内で唯一wi-fiを通じてインターネット接続可能なホテルです。
まだホテル名を紹介していませんでしたね。

それでは参ります。
グランドサマルカンドホテル!!


grand samar

こちらがホテル外観となります。
夜歩いていたらたまたま見付けたため、この様な写真です(^^;
日中撮影した写真があると思っていたら、外観はこれだけでした((゚Д゚))!!
申し訳ありませんm(__)m

↓料金はコチラ↓
ホテル料金表ダウンロード

使用可能なクレジットカードは、VISAカードとMASTERカードのみです。


次にホテル内ですが、こちらのホテルはあまり詳しくないため、トイレの位置だけ。

grand stairs

↑写真の階段を降りて行くと、トイレがございます。
ロビーに当たる部分は狭いので、すぐにご確認頂けると思います。

in the grand

ロビー内にはこの様な飾りも。
受付の子が、カメラを構えると電飾を光らせてくれました(*^^*)
感謝っ!!


そして肝心のwi-fiですが、
1時間4$
日本でも高いよっ!!
と突っ込みたくなるお値段です(;一_一)

速度も10kbps前後ですが、平均すると更に遅いです。
近くに『PLATAN』といわれるカフェがあり、こちらも後日紹介致しますが、
こちらだと1時間2,500sumでwi-fiに接続可能。
速度も同程度かそれ以上ですので、日中ならこちらのカフェでネットに接続されることをお薦め致します。


時間が余ってしまったので、ホテルまでの行き方を。

まずは「GUM(グーム)」と呼ばれるデパートを目指して下さい。

gum
GUM

サマルカンドで一番大きなデパートです。
「Trukuaz(トルカーズ)」がサマルカンドにも建てられたので現在は微妙ですが、恐らく今でも。。
ただ店内は、物すごい状態です(;一_一)
この感じが良いんだ、とサマルカンド在住の日本人の方は仰ってましたww


では次に、GUM前の大きな道路を渡り、

hotel new in the morning

↑こちらの建物が見える方向へ。
そのまま建物を通り過ぎ、3つ目の路地を右に曲がります。
ちなみに2つ目の路地入口には↓

red building

こちらの建物がございます。
3つ目があれば一番良いのですが、
ファイルの整理をしたらどうやらなくなってしまった様子・・・



以上で「グランドサマルカンドホテル」の紹介とさせて頂きます。
ちなみに、「hotel Grand Samarkand」が正式な呼び名です。

次回は小休止として、「wi-fiの繋がるカフェinサマルカンド」をお届けしたいと思います。
それでは締めは短めに、また次回(^O^)/

#32.アジア(Asia)ホテル

2010 - 02/09 [Tue] - 13:29

皆さんこんにちは。Timaです。
今回は前回お伝えしましたように、「アジア(Asia)ホテル」の紹介となります。

観光業は、ウズベキスタンでは盛んな産業の一つですので、
実はホテルの紹介を始めたらキリがありません。
このブログを始めて約4ヶ月が経過しましたが、
ホテルにフォーカスすれば、「#32」なんてとうの昔に書き終えていたはずです。
(それにしても更新が遅いのかな;一_一)

このブログで私が紹介する事全て、私の主観に依って成り立っておりますので、
皆さまに合わない事もあると思いますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げますm(__)m

その主観から申しまして、今回紹介するアジアホテルは、
サマルカンド内ではお気に入りのホテルです(^^♪
ただ少し残念な事になったのですが、そちらは本分にて。

それでは参りましょう(^O^)/



まずこちらへの行き方ですが、「#26」のブログをご参照下さい。
「#26」の記事内、上から2つ目の写真までをご確認頂くと、
別れ道の記述があると思います。
別れ道を左に進むとアジアホテルに行き着くと記載致しましたが、
そのまままっすぐ進んで頂くと、、、

asia hotel side

この様にホテルをご確認頂けます。

asia front
正面写真

先ほどの分岐から、多く見積もっても100m程となりますので、すぐに辿り着くでしょう。

reception

中に入るとすぐ左手に受付がございます。
受付担当は、英語が完璧とまでは申し上げ難いのですが、宿泊等には差し支えないはずです。

↓料金はコチラから↓
ホテル料金表ダウンロード
(前回も申し上げましたが、PW等は必要ありませんのでご安心を^^)

PDFご覧になられた方はお分かりと思いますが、
今回はわざわざPDFにしなくても良かったかな・・・(^^;
と言うことで、書いちゃいます(笑)

料金(朝食込み)
・single …40$
・twin/double …60$

PDFにも記述がありますが、その他の部屋タイプに関しては、現在準備中との事です。
またクレジットカードは現在の所、一切使用出来ません。
こちらは6月くらいには使用出来る予定と仰ってましたが、何故か信用出来ませんでしたww
あくまでも私の感覚です。


lobby

また正面をご覧頂くと、↑写真のようにロビーが広がりますが、
右手に白(クリーム色??)のソファーをご確認頂けるでしょうか?
その少し先に、3段程の階段がありますが、
そちらを登ると正面にトイレがございます。


toilet
トイレ

酔っぱらってたのか?と思えるほどイチイチ写真が傾いてますね・・・(-_-)
申し訳ありません(^^;


さて、お部屋の様子ですが、以下にの写真でご確認下さい。

bed
ベッド

toilet inside
部屋内、トイレ

shower
バスルーム

サマルカンド内では、かなりキレイなホテルの一つです✧✧


restaurant
食堂

table
食堂内、テーブル

食堂は入り口から丁度正面、奥に当たります。


さて、最初に申し上げました残念な事ですが、
wi-fiのサービスが現在停止しております
私が11月滞在した際は、確かに今まで経験した事もない程ネットの接続スピードは遅かったのですが、
それでもサマルカンド内で、本当に数少ないwi-fi接続が利用出来るホテルの一つでした。

先日サマルカンドを訪れた際にお目に掛かった旅行者の情報では、
何時間かロビーでインターネットに繋いでいると、

「これ以上繋ぐなら2€(ユーロ)/時間を払って下さい」

と言われたとの事ですが、その後すぐ廃止された様子です。
いつサービス開始するかは不明との事でした。

サマルカンドのネット環境の悪さは、旅行者間では有名と知人に伺いましたが、
悪化してますよ~(笑)
サマルカンド内で数少ないネット接続可能な場所も紹介致しますのでお楽しみに(^^♪



夜中でもネットに繋げるというのが、私の中のアジアホテルの「売り」だったのですが、
本当に今回のサービス停止は残念でした。
ただ、ホテル自体はかなりキレイですし、値段もリーズナブルです。
今でもお薦め出来る所が、本当のアジアホテルの強みでしょうか(*^^*)


さて次回は、アジアホテルで終了してしまったwi-fi接続サービスを利用出来る、
私が知る限りではサマルカンドで唯一のホテルの紹介となります。

但し、恐らく皆さまが抱かれる良いイメージを裏切りますので、心してお待ち下さいww
それではまた次回(^O^)/

#31.アフロシヨブ(Afrosiyob)ホテル

2010 - 02/09 [Tue] - 13:08

こんにちは。Timaです。
「#27~#30」を一日で仕上げた後、しばらく力尽きてました(^^;

今回はどのテーマにするか結構悩みました。
と言うのも、#29まで続いた遺跡ラッシュの様に、
暫く似たテーマが続く可能性があると思ったからです。

様々なテーマを、ご飯の正しい食べ方のように織り交ぜることも可能ですが、
皆さまからも検索し易いと思い、遂に決めました!

今後暫く続きます。
「ホテルラッシュ」!!



今回紹介しますホテルは、「アフロシヨブ(Afrosiyob)ホテル」となります。

afro
アフロシヨブホテル

こちらはレギスタン広場から歩いて15~20分程の距離にあり、
交通にも便利な位置にあります。

それでは中を案内致します。


ex
両替所

入ってすぐ右手に両替所がございます。
こちら正規のレートより良心的な値段で両替して頂けます。
記載して良いか微妙ですが、交渉次第ではレートが更に良くなります。


reception
受付

入って反対、左手には受付がございます。
サマルカンド内のホテルでは、受付嬢に美人が一番多いホテルです(*^^*)
あぁ!!
こっちのブログネタではなかった・・・

↓料金はコチラから↓(PW等は何も必要ないのでご安心を^^)
ホテル料金表ダウンロード
そのままご覧頂けると思いますが、DL必要な場合は、
左上の「Download」ボタンをクリックして下さい
まだ未完成ですので、今後改善します。。

◆クレジットカード払い時の手数料
・VISA …3.10%
・American Express …4.17%
・JCB, Diners Club …3.63%
・Mastercard/Eurocard …3.10%
 ※トータル料金に上記割合を掛けたものが手数料となります

◆各種サービス
・サウナ …10$/時間
・マッサージ …10$/40分
・ジム …7$/時間
・プール …5$/人


それではホテル施設の紹介に移ります。

まずプールですが・・・

pool

現在こんな有様に(;一_一)
正確ではないですが、6~9月はご利用頂けると思います。


続いてトイレですが、まずホテルに入られたら左を目指して下さい。

roka

写真の様な廊下が見えると思いますので、右手を見ながら奥へ。

stairs

階段を確認頂けましたら、地下に降りて下さい。

toilet

ちょっと見え難いですが、鉄格子(牢屋みたいだな…)の向こうにトイレを確認頂けます。

インターネットに関しては、繋がると言われますが、恐らく繋がらないでしょう。
「明日になれば繋がります」と言われたら、無視して下さい(笑)


ここで少し外の紹介も。

ホテルの外、と言っても敷地内ですが、2つのBARがあります。
どちらも直接確認はしておりませんが、

cruse

こちらに関しては夜間ナイトクラブとなります。
時間は午後11時~明け方5時まで。
沢山のロシア人女性をサマルカンドで見れる又とない機会ですが、
こちらのブログの目的から外れますので、詳細は避けます(^^;



以上でアフロシヨブホテルの紹介とさせて頂きます。
ホテル内にはその他様々な施設が用意されておりますが、
かなりの幅と取ってしまう為、割愛させて頂きますm(__)m

シーズン外はかなりリーズナブルなお値段と思いますので、
もし冬期にサマルカンドを訪問される事がありましたら、ご利用されては如何でしょうか?(^^♪

次回はホテルラッシュ第2弾と致しまして、
「アジア(Asia)ホテル」の紹介となります。
それではまた、近い内にお逢い致しましょう(^O^)/

« | HOME |  »

FC2プロフ





◆バックパッカ-の必需品

D15 地球の歩き方 シルクロードと中央アジアの国々 2009~2010

ウェブ全体検索 by Google

ブログ内検索 by Google

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。